このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ホーム > トピックス > 3.検索エンジンで上位に表示される為のキーワードの選び方

3.検索エンジンで上位に表示される為のキーワードの選び方

ユーザーは欲しい情報を探す為に検索エンジンでキーワードを入力してホームページに訪問します。このことから、ターゲットとなるユーザーに合わせたキーワードを決めることが一番重要です。最適なキーワードをホームページのタイトルに入れるだけで、最大限アクセスアップが出来るようになります。

最適なキーワードを決める為には

まず、ターゲットユーザーが検索しそうな言葉を考えてリストアップしていきましょう。大きな意味を持つキーワードと、それを絞り込む小さなキーワードを決めていきます。また、言い換えられる言葉も探し、それもリストアップしていきます。リストアップしたキーワードをキーワード検索サイトで検索します。

キーワードアドバイスツール

キーワードアドバイスツールの検索結果を元にキーワードを絞り込んでいき、そのキーワードをホームページのタイトルに入れます。

例として建築会社のキーワードを選んでいきます

この会社は滋賀県長浜市の会社で、主に新築住宅の販売を行っていると例えます。大きなキーワードが【住宅・家・一戸建て】、小さなキーワードを【建売・分譲・新築】として、リストアップしました。

大きなキーワードでは【住宅】のキーワードが多く、小さなキーワードでは、【分譲・新築】が多い結果でした。また、予想外の【注文・設計】のキーワードも多い結果でしたのでこれも追加します。さらに地域名もキーワードにいれます。このように小さなキーワードを入れることで、複数のキーワードで検索されたときに上位に表示されるようになります。このように決定したキーワードを元にタイトルを考えます。


・新築住宅の注文販売/設計/分譲の○○建設/滋賀県長浜市

・【施行事例】 新築住宅の注文販売/設計/分譲の○○建設/滋賀県長浜市


タイトルを考える際の注意点として、沢山キーワード入れず、長くても33文字程度にし、同じキーワードを複数入れないようにします。また、☆○□など、目立つ為や装飾する為の記号を使ってはいけません。タイトルは検索結果に表示されるので、意味のある見出しに組み立てる必要があります。

ホームページにもキーワードを使用して効果アップ

以上のように考えたキーワードは、ホームページのタイトルだけではなくページの中でも使用することで、さらに検索エンジンで上位に表示されるようになります。ですが、キーワードをたくさん書き込めばいいという訳ではなく、ページ全体の文章から5%程度の割合が最適です。ですが、あまりこの数字にこだわる必要はないので、適材適所にキーワードを盛り込めば、正しく検索されます。

数字にこだわる方は、キーワード出現頻度解析ツールという、キーワードの使用割合をチェックするサイトがありますので、そちらでチェックしてください。

キーワード出現頻度解析ツール

検索エンジンで検索されたキーワードで上位に表示されるだけでは、まだアクセスアップには繋がりません。せっかく上位に表示されても、クリックしてアクセスされなければ、意味がないのです。

次回は、検索エンジンからのアクセスを最大限に高める方法を公開します。


<<前のページ | 次のページ>>

ページの先頭へ